快適に施術を受けられる仙台出張マッサージ
仙台出張マッサージのメリットは、施術前にシャワーを浴びられることです。

店舗の場合、シャワーを浴びずに施術へと進むことが多いものです。仕事終わりなどで体の汚れが気になる場合でも、ホットタオルで拭くだけなど簡易的な対応しかできないことは珍しくありません。それに対し、自宅やホテルの部屋で施術を受けられる出張マッサージであれば、セラピスト到着までに体を綺麗に洗い、温めておくことができます。

シャワーを浴びた状態であれば、体の汚れやにおいに対する不安を感じる必要がないため、リラックス効果がアップします。さらに、汚れを落とし体を温めておくことで、アロマオイルの浸透率を高める効果も期待可能です。仕事終わりに、心からリラックスした状態で施術を受けたい、そんな場合は出張マッサージの活用を考えておくと良いでしょう。

出張マッサージは深夜帯も営業している店が多いものです。そのため、残業終わりなど遅い時間でも安心して依頼できます。
出張マッサージは深夜帯も営業している店が多い

仙台大観音

JR仙山線・国見駅から車で10分ほどのところにある寺院。当寺の通称ともなっている仙台大観音像は、仙台市制100周年を記念して高さを100メートルとし、21世紀の繁栄を願い地下21メートルまで掘られている。また、境内には赤い鳥居の油掛大黒天を祀る大黒堂があり、縁結びのスポットとして有名になっている。毎月18日を観音様の御縁日とし、仏教の教えや神仏に関してわかりやすく説く「縁日法話」を開催している。参加無料で仏教に興味のある人であれば誰でも参加可能。ペット供養も行っている。隣接地には双葉グループが開設したホテルニューワールドとニューワールドゴルフクラブがあり、大観音と合わせてニューワールドセンターと呼んでバブル期にはアミューズメントパーク化の構想もあった。しかし双葉綜合開発と石原建設(本社・東京)が対等合併して2000(平成12)年に発足した環境建設株式会社が2004年に破産宣告(のちに会社更生手続きへ移行)を受けたことでホテルは営業を停止し、ゴルフ場と共に売却されることになる。このときすでに仙台大観音は宗教法人大観密寺として同社から切り離された存在だったため閉鎖や売却を免れており、今日もニュータウンを見下ろして静かに佇んでいる。

トップに戻る